スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未来観測思考の落とし所】

はーあーあー
面倒くさい毎日が続いてくれちゃってますね!

ボクの面倒臭い=コメントを求められる事なんですが
特に、分野の違う部分をボクの分野に置き換えてコメントくれ、ってパターン

コレって大体、一方的に否定されるんで嫌いです

今回はその嫌いなモノをブログでやろうと思っています

基本的に、ボクの価値観、ボクの物差し、ボクの意見です
よって、批判とかは一切受け付けませんw

ちょこっとボクの脳内的な話を見せようという試みの一貫なんで、批判されると単純に凹むだけなんでww

コメントアウトの方法を順序立ててやってみるんで
論文書く人には参考になるかもしれません

まぁ、ボクの知り合いは大体それが終った人ばっかりなんで良いんですがwwwww
―――――
「テーマ」

今回のテーマは、既に用意されてるモノをば

「次世代」「現世代」「責任」

モロ政治臭いテーマですよねー

実際ボクは政治の話大嫌いなんです
語りたくないし、人それぞれ価値観とか考え方が違いすぎるから
この手の話は揉めやすいし、鬱陶しいんで嫌いです

まぁでも、コレでw

普段なら、大雑把な「○○について」というテーマから絞込みをします
単語で3つから5つ程度のキーワードテーマにすると、次の「置換」がしやすくてお勧めです

―――――――
「置換」

テーマをまず置き換えていきます
すると、自分に見合ったテーマにできます

「次世代が負うべき現世代の責任とは」もしくは「次世代が考えるべき現世代の責任とは」
「現世代が回避させるべき次世代の責任とは」

いずれにしても物議醸しそうな雰囲気ですが
それぞれ、意味合いも考え方も違ってくるので、テーマの置換はとても大切
広く視野を保つお勧めのワザです

テーマの置換ができない人って、既に固執したテーマにしちゃっています
そうすると、他所の意見を取り入れづらいんですね
このパイプを広く保つと、色々自分に吸収できます

―――――
「共通点」

テーマを置換した所で共通点は何か
今回のテーマでも共通点は沢山ありますね

何パターンもテーマを置換しても、一貫性のある共通点を見出せないと
とても希薄な意見になりがち
説明力不足になっちゃいます

自分の引き出しにある共通点を見つける事も大事
共通点を見つけて、それから調べるってのはちょっと曖昧さが残りますね

―――――
「本題」

さ、いよいよココからです

コメントアウトする場合、わざわざ説明や解釈を入れる必要はありません
よって、今回のボクの場合は

「次行におけるデモクラシズムを現行考慮するべきであり、次行においても現行デモクラシズムを反省するべき」

で終わります

先ほどのテーマに一貫性のある共通点は「デモクラシー」つまり「民主制」です

過去も現代も次代も一貫して考慮するべき要素の一つであって
また、過去を参照する事もコメントアウトに含める事が可能です
現代、次代を考慮するにあたって、過去を参照しない手はないですから

また、共通点として、置換後のテーマ3つは一つの方向性として「デモクラシズム」に収束される事からも
穿った考え方をしない限り、要素配分として重要な位置づけのコメントとなります

論文の場合であれば、これに対して比較や検証、過去の参照、事実の証明、論理的思考における証明、大前提・小前提・結論を加えればおk

―――――
「総論」

タイトルの未来観測思考の落とし所ってのは
このコメントを出す事によって、どういった意見が出るのかを予測する事
その中でも、自分の考える理想の意見を出させる技術です

技術です、つっても「未来観測思考」なんてボクの作った言葉なんでアレなんですけど

今回のテーマで一貫して共通する事は
「教育」「人事」「世論」「金」などなど
その辺りって凄い広いんですよね
だから、意見の予測に時間がかかるし、用意できる説明に力が入りません

コメントする時にそれは弊害なので、そういう要素を極力省く共通点を見つけます
デモクラシー=民主制ってのは説明した通り
でも、民主制って言ってしまうと、また広くなってしまうんで
「デモクラシー」「デモクラシズム」としてしまいます
そうすると、一番先に出てくる言葉はおおよそ「大正デモクラシー」です
つまり、過去の参照になります
ですので、その点の比較を用意して、自分の考えるデモクラシズムとは、という説明を作っておくだけ

共通点の中でも言い方を変えるだけで未来予測が楽になりますね

ここまでの流れ全体が未来予測

最初に言われるであろう意見を想定する事から逆算してテーマを絞る、と言う事が分かってもらえるかなと
人前で説明するのが苦手だ、という人は
意見の絞込みから逆算を始め、それを繰り返す事で精度の高いコメントができるようになります
勿論、不意の突っ込みは必ずありますから、そこも注意して

慣れると逆算する必要もなくなりますよ

―――――

以上でボクのコメントは終り
まーコメントを求められる時って、今欲しいってのが多いですから
この逆算が早いと多少楽ですね

落とし所としては逆算しすぎて方向性を変えない事です
文章でコメントを求められた時の参考になればw

短く、意見の幅を狭め、的確に
コレがモットーですです
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。